UTAIL

English UT

ホーム

ニュース

メンバー

研究室について

研究プロジェクト

発表論文

卒論・修論生へ

アクセスマップ

内部専用

Square
edgeedge

 

年度: 2007-2010

メンバー:
早渕 功紀
鈴木 健嗣

共同研究:


Tags:
- 社会的相互作用研究

 
楽曲演奏を拡張する
MusicGlove:装着型デバイスを用いた身体動作による楽曲操作
A Wearable Musical Controller for Massive Media Library

 

本研究は,音楽聴取時のスムーズな楽曲選択を可能にする装着型インタフェースを提案するものです.これは音響及び楽曲の制御を対象とし,実時間でのユーザによる身体動作を利用した,手探りによって楽曲探索を行うシステムです.

近年,携帯型音楽プレーヤやネットワーク上における音楽配信等の普及により,個人が聴取しうる音楽の情報量が以前より格段に増加し,大量の楽曲を聴取,選択する事が可能になっています.しかし同時に,音楽聴取時のユーザに掛かる楽曲検索やデータベース操作の負担も大きくなっています.こうした状況下では、より快適な情報操作を行うことのできるシステムが求められるため,我々は身体動作による空間定位を用いた楽曲探索システムを提案してきました.

これは情報の検索ではなく,「ユーザが漠然とイメージする,その時に聴きたい音楽を,手軽にかつシームレスに探索する」ことの支援を目的としています.ユーザは空中で手探りの動作を行う事で,聴取する楽曲を切り替えることが可能になります.このように,身体動作によって直感的な楽曲の操作・選択を可能にし,さらには切り替え操作の楽しさを以って,音楽聴取における新たな音楽操作を提案するものです.

これにより,人間の感性や体性感覚に基づく音楽インタラクション手法の構築を目指す.提案するシステムは,これまで数多く行われてきた音響制御に加え,特にDJ が行うような楽曲の制御に着目し,楽曲そのものを探索し,変化させるものです.このようなシステムを実現するため,身体動作を認識するための装着型デバイスMusicGlove を開発しました.


 

Nakayama
本研究の一部は,中山隼雄科学技術文化財団の支援により行われました.

 

arrow 研究プロジェクトに戻る

   
発表論文他
  • Hayafuchi, K., Suzuki, K., "Gestural Interface to Explore Audio Libraries and Enhance Musical Experience," Proc. of International Conference on Kansei Engineering and Emotional Research, Online Proceedings, 2010.
  • 早渕 功紀,鈴木 健嗣,MusicGlove: 楽曲制御・探索のための装着型インタフェース,情報処理学会音楽情報科学研究会(デモ発表),名古屋, 2008.
  • Hayafuchi, K. and Suzuki, K., "MusicGlove: A Wearable Musical Controller for Massive Media Library,"Proc. of 8th Intl. Conf. on New Interfaces for Musical Expression (NIME2008), Genoa, Italy, 2008.
  • 早渕 功紀,鈴木 健嗣,MusicGlove: 楽曲制御・探索のための装着型インタフェース,第4回デジタルコンテンツシンポジウム,千葉, 2008.
  • 早渕 功紀,鈴木 健嗣,装着型デバイスを用いた身体動作による楽曲操作,情報処理学会第70回全国大会,茨城, 2008.
   
     
関連する研究プロジェクト
 



  © 2005-2020 Artificial Intelligent Laboratory, University of Tsukuba, Japan